お得に売電 太陽光発電

売電でお得な太陽光発電

杉並区でシステムを導入すると補助金が支給されます

杉並区が行ってるのは、太陽光発電などの太陽エネルギーを利用した機器、省エネルギー機器導入をした人を助成する、制度となってます。
その為、ソーラーシステムや太陽熱温水器を設置した場合も、補助対象になってます。
しかし、現在受け付けられてるのは、太陽エネルギー利用機器のみとなってます。
申請期間ですが、平成24年4月5日から平成25年2月15日までです。
これには注意点がありまして、平成25年3月15日までに、完了報告をしなければなりません。
予算額がなくなり次第終了となるので、その点も留意した方が良いでしょう。
次に、前述した太陽エネルギー利用機器導入の概要を記しますから、参考にして下さい。
では、太陽光発電システムの補助金額ですが、太陽電池モジュールの公称最大出力へ、4万円を乗じた金額となります。
上限額が、12万円です。
そして、強制循環式ソーラーシステムを設置した場合。
これは、太陽熱集熱器の面積へ2万円を乗じた金額が、補助金額となります。
平方メートルが計算式へ入れる単位で、上限額が6万円です。
それから、自然循環式太陽熱温水器の補助金額は、太陽熱集熱器の面積×1万円となってます。
計算する時は平方メートルの単位を使い、上限が2万円です。
尚、申請の要件や応募終了の期間が早まったりするので、詳しくは自治体へ直接問い合わせた方が良いでしょう。
そうしないと、リースや中古品の設置が認められてなかったりしますから、思わぬ事で補助が受けられなくなる場合があるんです。

posted by admin in 杉並区で太陽光発電