お得に売電 太陽光発電

売電でお得な太陽光発電

早くて6年で初期費用を回収できる

太陽光発電を始めるのに必要な環境が、
いまかなり整っていると言っていいと思います。
その一つが補助金制度が整っていることが上げられます。
大田区の場合、
国の補助金と東京都の補助金、それに加えて大田区の補助金があります。
すべてひっくるめると3kWの場合だと、
55.5万円の補助金が出る計算になるそうです。
それから初期費用にかかる日数を計算すると、
6年から11年という結果が導き出されるといいます。
どのメーカーの太陽光発電を選び、
設置業者はどこにするかで大きく違ってくると思いますが、
早ければ6年で太陽光発電を導入のための初期費用を回収することができます。
大田区で太陽光発電を始めるとして、
再生可能エネルギーの固定買取制度では、
10年間は固定で買取ってくれるわけですから、
初期費用を回収した後は太陽光発電はお金を生んでくれることになるわけです。
どれくらい発電してくれるかで違ってくるでしょうが、
毎月ほぼ一定の利益があるというのはかなり家計が助かるでしょう。
そう考えると大田区で、
太陽光発電を始めないのはなぜだろうとさえ思えてきます。
もちろん費用だけでなくメンテナンスのことも考えなければなりませんが、
それにしても太陽光発電を始めるメリットは大きいのではないでしょうか。
買取制度のことを考えれば、
太陽光発電は平成25年3月31日までに始めるのがお得ということになります。
それはそれまでに余剰電力の買取制度を契約すれば、
10年間42円という高値で買取ってくれるからです。

posted by admin in 節電.節約